採用する側の面接官が質問の受け答え意外に必ずチェック

ここで、採用する側の面接官が、質問の受け答え意外に必ずチェックすると言うポイントについて説明しましょう。具体的な面接での回答内容も大事ですが、何を答えるかということの他にも、意識しておいたほうがいいことがあります。その一つ目が外見です。外見で人を決めつけてはいけないといいますが、外見が他人に与える影響は大きなものです。採用担当者は服装や清潔感などを観察しています。見た目の対策をすることは、採用の成否を左右します。しゃべり方も、意識したいポイントの一つです。落ち着いた話し方なのか、なぜかあせった感じのしゃべり方なのか、協調性がある話し方か、それとも、強引な感じがする話方かなど、話し方も千差万別です。聞き取りやすく、丁寧に、落ち着いた話し方をすることが、面接では評価が高いようです。仕事をする時に頼りになる人であるような印象を与える話し方を心がけるようにするといいでしょう。また、この人の話なら、もっと聞いてみたいという風に思わせる話し方も大切です。聞き方が巧みな人であれば、面接の場で、担当の人が話をしていて心地いい気持ちになれると感じるでしょう。話しをしている時の表情や態度についても、面接では確認されています。面接の場では、効果的な自己PRをするために、落ち着いた話し方で、自分の考えをきちんと話せるような準備をしていくことが採用につながります。